がんばる家族が故人を弔うなら負担の少ない納骨堂

喪服の男性

安らかに眠る場所

喪服の男女 雰囲気の良い納骨堂に関するご紹介になります。愛する人の魂をが安らかに眠る場所だからこそ、その内装と雰囲気を知りたい。気品と優しさに包まれた空間で故人も家族も心穏やかに。

初めての利用

手を合わせる男女 初めて納骨堂を利用する人が感じる、疑問や悩みに答えていきます。通常の埋葬と違い、第三者によるサポートが行われる納骨堂について、気になるシステムや利用の仕方などを紹介します。

都市の埋葬事情

数珠

人口密度の高い大都会東京では、近年になって故人を従来的なお墓に埋葬するケースが少なくなってきているそうです。
東京という都会ならではの経済的な理由や利便性の問題から、お墓より納骨堂へ収める方が負担が少なく、家族が無理をしなくて済むのが大きいポイントなのでしょう。
大切なのは故人への想いです。という事で、東京など都市部で暮らす家族が納骨堂を選ぶメリットを説明します。
一つめは費用です。通常のお墓と土地を購入して行う埋葬はおおよそ100〜200万円程はかかるのに対し、納骨堂なら50〜100万円で永代供養や管理を行なってくれるところが多いのです。
忙しい家族にとって、料金を払えば故人のお世話を代行してもらえるというのは非常に助かる話です。
屋外の墓は風雨にさらされてしまい、時間の経過とともに汚れてしまったり、雑草が生い茂ってしまう事もありますが、納骨堂ならそんな心配をする必要はありません。
次に、通いやすさがあります。納骨堂はそこまで広いスペースを必要としない事からも、駅周辺などの自由で利便性の高い立地に作る事ができるため(マンションタイプなどもある)、マイカーが無いとお参りに行けないような状況が起こりにくいのです。
最後に、一部例外はあるものの、ほとんどが利用者の宗派に関係なく遺骨を収める事ができるという事です。これにより、外国籍の方や檀家に関係なく利用するできる敷居の低さがあります。
現在の東京は、土地や人口密度の関係から納骨堂の数も増え、その需要も増していますので、これを機会に納骨堂による供養を検討してみるのも良いでしょう。

生前購入も可能!

参列者 納骨堂は生前購入も可能です。生前購入にはたくさんのメリットがあります。終活として生前にお墓選びをしている方は、今や多数派なのです。納骨堂も生前に選んでおくことで様々なメリットがあります。